君君たらずといえども臣臣たらざるべからず

主君が主君としての道理をわきまえていないとしても、臣下は臣下としての道理をわきまえるべきだということ
関連記事
カテゴリ
広告
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク